唐突に青葉を食わなくてはならない、
と思って「青葉食いに行こう」と誘ったら3人で行くことになった。
詳しくは下に書かれているのでその辺は割愛。



店内に入ってカウンターでラーメン食っている人の
どんぶりをみてニヤニヤしてしまった。
このラーメンが食えるのか、
と思うとうれしくてたまらなかった。

人が並ぶのに納得の味。
並んでも別にいいや、と思わされた。
青葉のたまごのうまさはなんなんだろう?
「10個食え」と言われたら、「いや20個食います」
と言ってもおかしくないくらいにうまい。
たまごが入っているタッパを奪って走り去りたいくらいだった。

ずいぶん前に食べに行った九段下の斑鳩もこんな味だったなあ、
と思っていたんだけど、後で調べたらこの手の店は
『青葉インスパイア系』と呼ばれるお店らしい。
青葉インスパイア系についてはALL ABOUT JAPANのコラムが詳しい。

簡単に言うならば、青葉の味に感銘を受けた人が
青葉に似たような味のラーメン、
もしくは青葉の味を超えるようなラーメンを作りたいと
思って作ったラーメンということじゃないかな。

1時間くらいは待つだろうけど、
ここは待ってでも1度くらいは食べた方がいいと思う。
18時くらいにはスープがなくなるらしいです。

ついでだから池袋の東武に1年間の限定で出展している『縁や』にも行くか、
ということで行ったんだけど、腹いっぱいだったし、
30人くらい並んでいたので今回はやめておいた。
うーん、海老そば食べたい。