明治神宮に初詣へ行った帰りに渋谷にできた『麺喰王国』に行ってきた。
元旦からラーメン屋に行くというのは人生で初かもしれないな。



場所は渋谷ネッカが入っていたちとせ会館の2F。
メインサイトで紹介しているカウンターストライクという
ゲームのプレーヤーには結構馴染み深い場所かもしれない。

麺喰王国は、『ヌードルカフェ』をテーマとしているフードコンプレックス。
新横浜にあるらーめん博物館の渋谷版と考えるとわかりやすい。
ただ、麺喰王国にはらーめんだけでなくうどんの店も入っている。

今回は8つあるお店の中から、『渡なべ』のオーナーである
渡辺樹庵氏が出店している[keiz]に行ってみた。

店の前に行ってみるとものすごい行列が目に入った。
しかし、それは隣の『竈』の行列だった。
券売機で味玉ラーメン(850円)のチケットを購入して並ぶ。
4人くらいしか待っていなかったのですぐに入店できた。
券売機を見ると、ミニラーメンが650円だった。
普通のラーメンは750円。正直言ってボッタクリ価格。

店内は、バーのようなしゃれた内装。ジャズがかかっていて雰囲気がいい。
5分くらいしてらーめんが出てきた。



具は、青ねぎ、刻みたまねぎ、チャーシュー、メンマ、味玉(トッピング)。
スープは魚介系と動物系のダブルスープ。
表面には油が浮いていて、スープはかなり熱い。
いきなりスープを飲んだら舌を火傷していまもビリビリしている。
スープはかつおだしの味が際立っていて、どこかで飲んだスープという印象。
麺はちょっと太め。メンマが普通のとちょっと違う外見。
チャーシューはとろけるカンジで個人的には好み。
『渡なべ』が雑誌などのメディアで絶賛されているので、
期待していったけど、それほどでもなかったというのが感想かな。
『渡なべ』とは出しているラーメンそのものが違うらしいけども。
連れの評価はもっと辛らつだったけど、自分の感想ではないので割愛しておこう:]

今年もうまいラーメン屋にたくさん行きたいですなあ

[地図]