ラーメン厨房 麺バカ息子 徹@鶴見

引っ越しの手伝いで鶴見に行ったついでに、『ラーメン厨房 麺バカ息子 徹』に行ってきた。

先週、待ち合わせまで時間があったので本屋でラーメンの本を数冊立ち読みしていたのだけど、その時にいくつかの本に掲載されていたお店だと思う。

お昼過ぎにいったら、お店の外に5人くらい並んでいた。
あとで調べたところによると、店内に待ち合わせようの席が3つと2人分くらいの待ちスペースがあるので、10人くらいは並んでいたのではないかと思う。

券売機で先に食券を買う方式。
一番おすすめっぽかった特製つけ麺(900円)を極太麺でオーダー。
味玉とチャーシュー2つがプラスでついてくる。
連れは、バカつけ麺(700円)を普通で。
アジアンマヨ餃子(300円)というのが本で紹介されていたので頼んでみた。

極太麺は10分のゆで時間がかかるらしい。
ほとんどの人が極太を頼むため、お客さんの回転に影響してそう。
席に食べ方などがいろいろ書いてあるので読みながら待った。

先に、バカつけ麺の方が出てきた。

ラーメン厨房 麺バカ息子 徹@鶴見 バカつけ麺

見ての通り、のりがバカでかい。まるまる一枚入っている。
のりトッピングとか他お店で頼むのがばからしいなと思ってしまった。

しばらくすると、自分の頼んだ特製つけ麺もきた。

ラーメン厨房 麺バカ息子 徹@鶴見 特製麺

ラーメン厨房 麺バカ息子 徹@鶴見 特製麺

さっそく、麺をつけて食べてみたが、ものすごい弾力。
食べるのがちょっと難儀な気がしたけどすぐに慣れた。
極太麺は、よくスープにつけてくださいと書かれていたので、スープとよく絡めて食べるようにしたらめちゃくちゃおいしかった。
チャーシューは味がものすごく良く染みており、トロトロした脂の部分がうますぎ。

必死になっているとアジアンマヨ餃子が出てきた。

ラーメン厨房 麺バカ息子 徹@鶴見 アジアンマヨ餃子

マヨネーズと餃子は合うなあ。マヨネーズと合わないものものってないと思うけど。

普通の麺をもらって食べてみたけど、こちらは非常に食べやすくてよかった。
食べやすさは普通麺だけど、やっぱり極太麺がおいしかったなあ。
あつもりにするのを忘れてしまったのが悔やまれた。

両方食べていたら満腹になってしまったのでスープ割りはしなかった。
和風と豚骨の二種類があるらしい。
なかなか行く機会はないと思うけど、また食べてみたい。

お店情報




住所 : 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15 八橋ビル1F
電話 : 045-306-8566
営業時間 : 11:00〜15:00, 17:00〜22:00


神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15